伝送機器

Transmission

レガシー装置からデファクトまで、ブロードバンド時代にふさわしい最適ネットワーク構築。

光伝送装置
多重化装置
搬送装置
IP関連コンバーター
ネットワーク機器
製品情報
型名 :
ODN-513

本装置は、外部クロック(1.5M SINクロック)及び、網同期装置からの網クロック(64k+8kクロック)を入力し、同期したクロックを局内の 多重化装置/伝送装置へ分配供給する装置です。

型名 :
ODN-338/512

CES(Circuit Emulation Service)-TA装置は、JT-I430-a または JT-I431-aを10BASE-T(IEEE802.3)/100BASE-TX(IEEE802.3u) /光インタフェースに変換して伝送します。本装置は、TDM over IP技術により自営網又は、広域イーサネット網を利用してクロック送出装置に従属し、1対1の対向接続にてシステムを構成します。

型名 :
ODN-623

本装置は、伝送容量1.544Mbps~9.95328GbpsまでのSDH・LAN等の各種ディジタル信号を光ファイバ1心にて最大4ch送受信8波まで多重・分離が可能です。また、1ユニットに最大2システムまで収容可能です。

型名 :
ODN-624/177

本装置は、伝送容量1.544Mbps~9.95328GbpsまでのSDH・LAN等の各種ディジタル信号を波長多重方式により光ファイバ1心にて最大4ch送受信8波まで多重・分離が可能です。ODN-177型WDM対応型光増幅ユニットと組合わせることで延伸化を図るシステムを実現します。(左写真:上ODN-624、下ODN-177)

型名 :
ODN-183

本装置は、FE信号またはGbE信号を1心双方向の光信号に変換する集合型メディアコンバータです。超長距離(80km~)伝送が可能で、単体型メディアコンバータ(ODN-184)と対向接続することでシステムを構成し、イーサネットサービスを広範囲で提供可能となります。また、従来のSNMPによる監視に加え、Ether-OAM機能を実装し常時監視を行うことで高信頼のイーサネット網の提供が可能となります。

型名 :
ODN-184

本装置は、FE信号またはGbE信号を1心双方向の光信号に変換する単体型メディアコンバータです。
集合型メディアコンバータ(ODN-183)と対向接続することによりシステム構成をし、イーサネットサービスを広範囲で提供可能となります。
また、本装置はFEタイプ/GbEタイプの2種類があり、供給電源についてもそれぞれAC100Vタイプ/DC-48Vタイプの2種類があります。

型名 :
ODN-195B

本装置は、ツイストペアケーブルのLAN信号(10Base-/100Base-Tx)を光ファイバでのLAN信号(100Base-Fx)にメディア変換する局舎設置タイプの集合型メディアコンバータです。光ファイバ1心または2心を用いて送受信を行い、ユーザ宅に設置した単体型メディアコンバータと対向して回線を構成します。本装置には、中距離タイプ(約20km)・長距離タイプ(約40km)があり、光心線数・光伝送距離に応じてシステムを構築できます。

型名 :
ODN-197B

本装置はツイストペアケーブルのLAN信号(10Base-T/100Base-Tx)を光ファイバ用LAN信号(100Base-Fx)にメディア変換するユーザ宅設置タイプの単体型メディアコンバータです。光ファイバ1心を用い、LAN回線を構成します。本装置には、中距離タイプ(約20km)・長距離タイプ(約40km)があり光伝送距離に応じてシステムを構築できます。警報転送機能(設定により無しとすることも可能)を使用することで、レイヤー2 SW-HUBの冗長機能をサポートするスパニングツリー,リンクアグリケーションに対応できます。

型名 :
ODN-198B

本装置は、ツイストペアケーブルのLAN信号(10Base-T/100Base-Tx)を光ファイバ用LAN信号(100Base-Fx)にメディア変換するユーザ宅設置 タイプの単体型メディアコンバータです。光ファイバ2心を用い、LAN回線を構成します。
中距離タイプ(約20km)・長距離タイプ(約40km)の2種類があり光伝送距離に応じてシステムを構築できます。

型名 :
ODN-199

本装置はツイストペアケーブルのLAN信号(10Base-T/100Base-Tx)を光ファイバでのLAN信号(100Base-Fx)にメディア変換する装置です。本装置には、1心双方向の中距離(約20km)・長距離(約40km)タイプと、2心双方向の中距離(約20km)・長距離(約40km)タイプがあり、光伝送距離・光心線数に応じてシステムを構築できます。

型名 :
ODN-693B

本装置は光ファイバ経路の冗長構成による品質確保が必要な区間、光経路の切替箇所に移動が困難な場所に設置することで、遠隔、または手動による光ファイバ経路の切替が容易に行える装置です。

型名 :
OST-2521

本装置は、OTDR(Optical Time Domain Reflectometer)により、光ファイバの伝送損失、距離を測定し光線路の運用状態を監視する装置です。
光線路を最大8回線収容し、装置内部の光スイッチにより切替えて監視します。光波形を測定し、CFカードにその波形を保存することが可能です。また、本装置で取得した光ファイバの運用状態は、ネットワーク管理装置により遠隔にて監視します。ネットワーク管理装置では最大20台の光線路監視装置が管理可能です。

型名 :
ODN-533、534、535

同期回線、音声回線を時分割多重伝送し、LAN回線をセル変換後に時分割多重伝送することで帯域の共有化ならびに効率化を実現し、高品質・高信頼性ネットワークを構築します。
150M光ループを最大3ループまで拡張できるODN-533形(架タイプ)、ODN-534形(ユニットタイプ)と、小型・低価格で1ループ対応のODN-535形(小容量ユニットタイプ)があります。ループ単位で最大32ノード、システムで最大64ノードまで接続できます。

型名 :
ODN-536、537

伝送容量に応じて150Mもしくは600M(SDH)を選択し、同期回線や音声回線は時分割多重伝送、LAN回線はセル変換後に時分割多重伝送することで帯域の共有化ならびに効率化を実現するリング型光伝送装置です。
高品質・高信頼性で効率的なネットワークを構築します。

型名 :
ODN-156/157

本装置は、光中央装置と光端末装置で構成され、光中央装置は、光端末装置を収容する光ループを最大12ループ収容することが可能であり、配下のループ内で光端末装置は、最大30台まで接続可能です。光中央装置の端末用インタフェースポート(最大2ポート)は、光端末装置の端末用インタフェースポートと1:nに対応可能です。

型名 :
ODN-929/929S

本装置は光ファイバまたはメタル回線を伝送路とし最大24回線分の音声およびディジタルデータの各種低速データを多重化し、1.5Mで伝送を行う装置です。
サブラックタイプ(ODN-929)およびスリム架タイプ (ODN-929S)の2種類があります。

型名 :
ODN-365

本装置は、メタル通信線を利用して、イーサネットデータを伝送する装置です。
タンデム中継が可能なので自営回線のイーサネット延伸が可能です。ローカル局のIP化や鉄道、高速道路沿線のIP機器の情報収集に最適です。

型名 :
SCJ-12KN

SCJ-12KNケーブル搬送端局装置はスリムラック方式による12通話路のメタルケーブルを伝送路とする搬送装置です。
従来の搬送帯域内で、音声chの空き帯域を利用して新たにEthernet伝送を可能にしました。
Ethernetデータは、最大192kbpsの伝送が可能です。
中継器を使用することが出来ます。
後継機種: SCJ-12KN

型名 :
S4N

本装置はメタル伝送路を用いた1~4通話路の小型搬送電話装置です。
各場所間の情報交換 [電話、FAX、信号伝送(9600bps)等]及び重要回線のバックアップを容易に構築することができます。

型名 :
PCKHB-331

安全なインフラとして利用できる電力線(送電線)を伝送路とし、従来の アナログSSB変調方式に加え、デジタルデータ伝送を可能にした、ハイブリット電力線搬送装置です。デジタルデータの通信速度は最大192kbpsで、既存電力線搬送装置のリプレースに対応し、結合装置をそのまま流用出来ます。

型名 :
OiNET-333

本HYB・REP装置は、交換機(加入者線)、自動式電話機、共電式電話機、磁石式電話機に接続可能な機能、および2W/4W HYB機能を有するレピータ装置です。

型名 :
OiNET-335

本ハイブリッドレピータ装置は、交換機(加入者線)・自動式電話機・共電式電話機・磁石式電話機に接続可能な機能、および2W/4W ハイブリッド機能を有するレピータ装置です。
また、既存伝送装置のVCH盤(音声)に接続することにより、電話機等への接続が可能となります。

型名 :
OiNET-250

インターコールは交換機を必要としない個別呼出電話機です。
同一回線に最大20台の電話機を並列接続し、どの電話機からでも一斉・個別呼出を行うことができます。業務連絡などを快適に実現する通話装置です。

型名 :
ODN-329C-1.5M/DCH

本装置は、伝送装置と端末装置間に設置し、端末側の10Base-Tまたは100Base-TXのイーサネット信号を伝送装置側の1.5Mbpsまたは64kbps(何れかご指定による)のインタフェースに変換する装置です。

型名 :
ODN-356

本システムは、基幹系ネットワークのテストポイント(Pingポイント、折返しポイント)に設置して、ネットワーク品質を測定するための試験装置です。

型名 :
ODN-370-1

本装置は、1.5M伝送装置とお客様IPネットワーク間に設置し、 1.5Mbpsの64kbpsタイムスロット単位で、IPネットワーク側の10Base-Tまたは100Base-TXのイーサネット信号のインタフェースに変換する装置です。

型名 :
ODN-370-2

本装置は、交換機の4W+SS,SRやインターコール(当社製)の4Wを収容し、IPネットワーク側の10Base-Tまたは100Base-TXのイーサネット信号のインタフェースに変換する装置です。

型名 :
OST-2170/2171/2172/2173

本装置はIP回線を伝送路として、音声信号接点情報を伝送する装置です。
伝送路インターフェースは、2ルートによる伝送のため、信頼性の高い伝送が可能です。
尚、設定にて1ルートのみの伝送も可能です。
また、メンテナンスPCにて、本装置の遠隔監視も可能です。