無線通信機器

Wireless

デジタル無線、コンピューターネットワークシステムなどの総合技術をベースにお客様のニーズに合わせた企画コンサルから施工、アフターサービスまでを一貫してサポート。

テレメトリング関連機器
構内ページングシステム
LPWA LoRa
xEMS
製品情報
型名 :
OiNET-652

家庭のエネルギーの見える化・見守りサービスはもちろん、導入が進められているスマートメーターとのBルート通信により、更なる普及が予想されるスマート家電との相互接続により、スマートに節電・快適生活を実現するHEMSコントローラです。

型名 :
OiNET-937B

LoRaWANゲートウェイ(OiNET-937B)は、LoRaWAN仕様に準拠し、2通りのWAN側インタフェース(イーサネット、4G/LTE)を実装することでインターネットへのアクセスを容易にします。防水・耐候性を考慮したアルミダイキャスト筐体とすることで保護等級IP65に対応し、屋外の柱上などへの設置も可能です。

型名 :
OiNET-929/929B

OiNET-929はRS-232Cシリアルインターフェースを具備したLoRaWAN仕様に準拠したLoRaWANエンドデバイスです。RS-232Cで出力される各種センサーのデータをLoRaWANを用いて収集することが可能です。また、データをSF毎に送信可能なサイズに分割送信する機能を実装しており、LoRaWANで一度に送信できないようなデータでも伝送することが可能となります。

型名 :
OiNET-950NU81

OiNET-950NU81は接点入力インタフェースを備えたLoRaWAN準拠のエンドデバイスです。
定周期、または接点変化を契機として接点状態をUplink送信(ClassA) にてネットワークサーバへ伝送が可能です。
バッテリー動作を考慮した非常に低消費電力な設計となっています。

型名 :
OiNET-938

OiNET-938はアナログ入力や接点入出力を備えたLoRaWAN仕様に準拠したLoRaWAN準拠デバイスです。
アナログ出力を実装したセンサーからのデータ収集や、接点入出力を実装したセンサーの監視、制御をLoRaWANを介して行うことが可能です。
また、バッテリーでの動作を考慮した低消費電力設計となっています。

 

 2019年12月発売予定 

型名 :
OiNET-937B[SPN]

●LoRaSPNゲートウェイとエンドデバイス(標準セット)
LoRaSPNゲートウェイとLoRaWANエンドデバイスの標準セットを使用することでスモールプライベートネットワークによるIoTソリューションの提供が可能です。
接続機器やセンサーのインタフェースに合わせてLoRaWANエンドデバイスを選択して頂くことで速やかにプライベートLoRaシステムの構築、運用が可能となります。

 

 2019年12月リリース予定 


●自立型環境モニタリングシステム(中継機能付LoRaデバイス)
LoRaSPNゲートウェイ※1を基地局とし、河川やダムの水位・雨量を観測するLoRaデバイスを実装した観測局とLoRa通信を多段中継する中継局から構成されるエッジ型IoTソリューション・サービスとなります。
水位・雨量監視を目的としたプライベートLoRaシステムを容易に構築可能です。

 

 2019年9月リリース予定 

型名 :
OiNET-970

短絡走行をしない保守用車の踏切通過を安全に行うことが可能なシステムです。保守用車が踏切を通過する際に、ハンディ型の踏切制御装置(車上局)の操作により遮断機の開閉を制御します。踏切制御装置の固定局と車上局間の無線方式には920MHz帯特定小電力無線を使用しております。

型名 :
OiNET-971

短絡走行をしない保守用車の踏切通過を安全に行うことが可能なシステムです。ハンディ型の踏切制御装置(車上局)の制御情報を無線で通信することにより、踏切制御装置(固定局)を制御し、遮断機を開閉させます。踏切制御装置の固定局と車上局間の無線方式には920MHz帯特定小電力無線を使用しております。

型名 :
OiNET-649/917/918

無線(特小920MHz帯)による温湿度センサーと、有線接続(Anywire伝送方式)による電流測定および接点(パルス)入力ターミナルにより、温湿度/電流/接点情報を収集して「見える化」を行うセンサー監視システムと、ラック構成を管理する設備情報管理システムから構成されます。