HOME > 技術紹介

技術紹介

60年以上の歴史の中で、各種の情報通信技術(アナログ信号処理、デジタル信号処理、信号変換、多重、IP、無線他)を幅広く自社で開発して来た蓄積と、最新技術の習得や研究成果を活かして、お客様のニーズに最適な技術で応えます。
日夜進歩の歩みを進め、様々な技術を保有していますので、その一端をご紹介いたします。
xEMS   無線マルチホップ   GPSを応用した研究   無線遠隔装置
VPN   設備監視システム   メタル伝送   コンバーター

xEMS(xEMSコントローラー)

xEMSコントローラーによるライフラインの見える化

  • CT(Current Transformer)による電力計測、水道/ガスメータが出力するパルス検出が可能
  • 無線LAN/有線LANを使用してインターネット上のデータベースサーバーにアクセス可能※1
  • カスタマイズにより無線モジュールを介したデータ収集が可能

※1 別途インターネットアクセス環境が必要になります。

 
xEMS(xEMSコントローラー)

無線マルチホップ(PHS・無線LAN・特小920M)

無線マルチホップ技術による大規模監視ネットワーク

  • PHS・無線LAN・特定小電力(920MHz帯)を利用した自営無線ネットワーク構築
  • 無線マルチホップ技術により、有線インフラを削減
 
無線マルチホップ(PHS・無線LAN・特小920M)

GPSを応用した研究(GPS衛星のエミュレート)

GPS衛星をエミュレートすることによる時刻同期、測位支援

  • ハードウェアによるエミュレーションのベースバンド信号生成により小型化を実現
  • GPS不感地帯(地下街、ビル、駅構内等)におけるGPS信号の取得が可能
  • 屋内/施設内における位置情報サービスへの応用が可能
 
GPSを応用した研究(GPS衛星のエミュレート)

無線遠隔監視(PHSによる設備遠隔監視)

公衆PHS網を利用した設備監視

  • エレベータの故障監視、駐車場、駐輪設備監視、自動販売機の在庫監視などにPHS回線を利用して集中監視
  • PHS無線部、ベースバンド部、ソフトウェアを自社開発
 
無線遠隔監視(PHSによる設備遠隔監視)

VPN(ブロードバンドIP綱を利用した遠隔監視およびVPNサービス)

ブロードバンドIP網を利用したリモート遠隔監視

  • 安価なブロードバンドIP網を利用してリモート遠隔監視を実現
  • HTTPSを利用してSSL-VPNによりセキュリティを確保
  • ルーター(NAT、ファイアウォール)やプロキシサーバーと非常に相性のよいHTTPSを採用
 
VPN(ブロードバンドIP綱を利用した遠隔監視およびVPNサービス)

ブロードバンドIP網を利用したVPNサービスの提供

  • ブロードバンドIP網による広域イーサネットサービスを提供
  • 暗号化(AES)およびIPSedによるカプセル化をハードウェアで実現(最大80Mbps)
 
VPN(ブロードバンドIP綱を利用した遠隔監視およびVPNサービス)

設備監視システム(付帯設備等の接点監視)

IP網を利用した接点系設備監視

  • 付帯設備等の接点系の監視・制御
  • サーバーの分散処理監視
  • クライアント端末による監視表示・制御
 
設備監視システム(付帯設備等の接点監視)

メタル伝送(メタルケーブルを使用した各種IFの伝送)

既設のメタルケーブルを伝送路として使用

  • 各種の端末インターフェースを直接収容
  • イーサネットを収容可能
  • インターフェース実装数に合わせて筐体を選択可
 
メタル伝送(メタルケーブルを使用した各種IFの伝送)

コンバーター(インターフェース変換)

既存伝送路設備の有効利用が可能

  • イーサネットを既存伝送設備のインターフェースに変換することで延長が可能
  • 伝送路に64kデータ/1.5M電気/6M電気・光など多種のインターフェースをラインアップ
  • 各種の電源種別に対応
 
コンバーター(インターフェース変換)