LoRa®/LoRaWAN®ネットワーク

LoRa®変調を採用した長距離低消費電力無線通信技術
  • 長距離通信・優れた耐ノイズ性を実現するLoRa®変調を採用した、 LPWA(Low Power Wide Area: 低消費電力広域通信)無線
  • 免許不要の920MHz帯特定小電力無線
  • 用途や設置環境ごとに異なる端末(エンドノード)、基地局(ゲートウェイ)をラインアップ
  • LoRaWAN®方式の他、自営用途に適したプライベートLoRa®方式(大井電気独自プロトコル)対応製品をラインアップ
lorawan
型名 :
OiNET-937B52

中継用LoRa®SPNゲートウェイは、2通りのWAN側インタフェース(イーサネット、4G/LTE)を実装することでインターネットへのアクセスを容易にします。防水・耐候性を考慮したアルミダイキャスト筐体とすることで保護等級IP65に対応し、屋外の柱上などへの設置も可能です。

LoRa®SPN-GW
新製品
型名 :
OiNET-937B50

LoRa®SPNゲートウェイは、2通りのWAN側インタフェース(イーサネット、4G/LTE)を実装することでインターネットへのアクセスを容易にします。防水・耐候性を考慮したアルミダイキャスト筐体とすることで保護等級IP65に対応し、屋外の柱上などへの設置も可能です。

型名 :
OiNET-928B

LoRa®方式の採用により、中継装置を介さずに長距離通信を実現する、ARIB STD-T108に準拠した特定小電力無線局です。また、GFSK変調方式にも対応し、高速な通信から長距離通信まで1台で対応することが可能になります。

型名 :
OiNET-929B[LoRa®SPN]

OiNET-929BはRS-232Cシリアルインターフェースを具備したLoRa®SPNエンドデバイスです。RS-232Cで出力される各種センサーのデータをLoRa®SPNを用いて収集することが可能です。また、データをSF毎に送信可能なサイズに分割送信する機能を実装しており、一度に送信できないようなデータでも伝送することが可能となります。

型名 :
OiNET-929B[LoRaWAN®]

OiNET-929BはRS-232Cシリアルインターフェースを具備したLoRaWAN®エンドデバイスです。RS-232Cで出力される各種センサーのデータをLoRaWAN®を用いて収集することが可能です。また、データをSF毎に送信可能なサイズに分割送信する機能を実装しており、LoRaWAN®で一度に送信できないようなデータでも伝送することが可能となります。

型名 :
OiNET-938[LoRa®SPN]

OiNET-938はアナログ入力や接点入出力を備えたLoRa®SPNエンドデバイスです。
ローカルネットワークを構築して、アナログ出力を実装したセンサーからのデータ収集や、接点入出力を実装したセンサーの監視、制御が可能です。
また、バッテリーでの動作を考慮した低消費電力設計となっています。

型名 :
OiNET-938[LoRaWAN®]

OiNET-938はアナログ入力や接点入出力を備えたLoRaWAN®仕様に準拠したLoRaWAN®準拠デバイスです。
アナログ出力を実装したセンサーからのデータ収集や、接点入出力を実装したセンサーの監視、制御をLoRaWAN®を介して行うことが可能です。
また、バッテリーでの動作を考慮した低消費電力設計となっています。

型名 :
OiNET-950NU82[LoRa®SPN]

OiNET-950NU82は接点入力インタフェースを備えたLoRa®SPNエンドデバイスです。
定周期、または接点変化を契機として接点状態をUplink送信(ClassA) にてネットワークサーバへ伝送が可能です。
バッテリー動作を考慮した非常に低消費電力な設計となっています。

型名 :
OiNET-950NU82[LoRaWAN®]

OiNET-950NU82は接点入力インタフェースを備えたLoRaWAN®準拠のエンドデバイスです。
定周期、または接点変化を契機として接点状態をUplink送信(ClassA) にてネットワークサーバへ伝送が可能です。
バッテリー動作を考慮した非常に低消費電力な設計となっています。

型名 :
OiNET-962

OiNET-962はRS-485シリアルインターフェースを具備したLoRa®P2Pエンドデバイスです。
鉄道信号保安部品用に各種試験をクリアしている信頼性の高い仕様となっています。
※本製品はSF7のみ使用可能となります。