無線マルチホップ(PHS・無線LAN・特小920MHz)

無線マルチホップ技術による大規模監視ネットワーク
  • PHS・無線LAN・特定小電力(920MHz帯)を利用した自営無線ネットワーク構築
  • 無線マルチホップ技術により、有線インフラを削減
型名 :
WT-920

日本向け特定小電力920MHz帯LoRaWAN®対応のハンディタイプ試験器です。
LoRaWAN®エンドデバイスとして既設ネットワークへの接続確認試験と本器単体でLoRa®変調による特定区間の伝搬特性の測定が可能です。
ネットワーク構築の事前調査や不具合時の原因究明に威力を発揮します。

型名 :
WT-920[LoRa®SPN]

日本向け特定小電力920MHz帯LoRaWAN®対応のハンディタイプ試験器です。
LoRaWAN®、LoRa®SPN、LoRa®P2Pエンドデバイスとして既設ネットワークへの接続確認試験と本器単体でLoRa®変調による特定区間の伝搬特性の測定が可能です。
ネットワーク構築の事前調査や不具合時の原因究明に威力を発揮します。

型名 :
WT-920[LoRaWAN®]

日本向け特定小電力920MHz帯LoRaWAN®対応のハンディタイプ試験器です。
LoRaWAN®、LoRa®SPN、LoRa®P2Pエンドデバイスとして既設ネットワークへの接続確認試験と本器単体でLoRa®変調による特定区間の伝搬特性の測定が可能です。
ネットワーク構築の事前調査や不具合時の原因究明に威力を発揮します。

型名 :
WT-920[LoRa®P2P]

日本向け特定小電力920MHz帯LoRaWAN®対応のハンディタイプ試験器です。
LoRaWAN®、LoRa®SPN、LoRa®P2Pエンドデバイスとして既設ネットワークへの接続確認試験と本器単体でLoRa®変調による特定区間の伝搬特性の測定が可能です。
ネットワーク構築の事前調査や不具合時の原因究明に威力を発揮します。