データ通信用測定器

Data Communication Instrument

データ伝送系の伝送品質は、アナログ・パラメータの要素であり定常的に存在する規則歪の他、レベル低下、インパルス性雑音・瞬断等の不規則歪が複雑に関与します。
これら伝送路における品質低下は歪となり伝送データの誤りとして現れることになります。
このような事から伝送品質を総合的に判断する指標としてビット誤り率が使用されております。

型名 :
CDM-301

本装置は、低速信号の符号歪率の測定や、符号歪を印加し通信機器の測定評価をサポートする測定器です。
(弊社CDM-1、CDM-201、CDS-101の後継機種となります)

型名 :
MT-883/MT-883R

本装置は、各種デジタルデータ通信機器、伝送路における誤り率測定、開通試験を迅速に行う為、各種インターフェース、試験符号及び通信速度に対応するハンディタイプのビットエラー試験器です。