OiNet-938
LoRaWANエンドデバイス
開発中
OiNET-938

OiNET-938はアナログ入力や接点入出力を備えたLoRaWAN仕様に準拠した無線ユニットです。
アナログ出力を実装したセンサーからのデータ収集や、接点入出力を実装したセンサーの監視、制御をLoRaWANを介して行うことが可能です。また、バッテリーでの動作を考慮した低消費電力設計となっています。

装置分類
特定小電力920MHzセンサー
伝送路IF
920MHz
端末側IF
RS-232C,
アナログ入力,
接点

LoRaWANに準拠(Class A/B/C)

標準アナログ入力4ポート (接点入出力など拡張基板でセンサーポートの拡張可能)

広い電源入力範囲 DC5V~+24V

プログラミングは不要(コマンドによる設定のみで動作)

構成例

OiNET-938

主な仕様

項目 仕様 備考
送信電力

20mW(特定小電力無線)

材質/色

板金/黒(レザートーン)

サイズ/重量

145×104×40mm(標準構成時、突起物を含まず) / 1kg以下

電源電圧

外部電源 マイクロUSBタイプB:+5V±5%
外部電源:+DC5V~+DC24V

消費電力

5W以下(待機時5mW以下:DC5V入力)

外部インタフェース (標準構成)

AI×4チャンネル (0-5V、4-20mA設定で切替え DC12V給電あり)
DI×2、DO×2

外部インタフェース(拡張ボード )

・DI拡張ボード(DI×8ポート)
・DI/DO拡張ボード(DI×4ポート+DO×4ポート)
・AI拡張ボード(AI×4ポート)
・シリアル/SPI拡張ボード(RS-232C×1ポート+SPI×2ポート)
※その他のインタフェースについてはご相談ください。

外部アンテナ

ホイップアンテナ:2.15dBi ※標準アンテナ以外を利用する場合はご相談ください。

使用条件/冷却方法

-20~+60℃、5%~95%(結露、氷結なきこと) / 自然空冷

 
準拠規格

ARIB STD-T108 / LoRaWAN Class A,B,C

使用中心周波数

920.6~923.4MHz(200kHz:15波) / 920.7~923.3MHz(400kHz:13波)

変調方式:通信速度

LoRa変調方式 :0.2~10kbps(SF12~SF7)
FSK変調方式   :50/100kbps(帯域幅:200/400kHz)

※仕様および外観は改良のため予告なく変更されることがあります。