ラインノイズ測定器
新製品
LCK-601

ノイズによる故障を未然に防ぐツールとして心線切替時にノイズのレベルを可視化できる測定器です。メタル回線における故障修理の際、回線試験やブレストでも確認できない極小レベルのノイズを測定できます。

装置分類
伝送特性用計測器
電源
ACアダプター、単三電池

LEDによるレベル表示で簡単に良否判定が可能です。

自動レベル制御のモニタスピーカを内蔵しており、-70dBm以上の可聴帯域の心線対照信号、ノイズの確認ができます。

首から下げられるコンパクトサイズです。

乾電池による長時間使用が可能です。

最小測定レベルは-70dBm。

構成例

ラインノイズ測定器

主な仕様

項目 仕様 備考
入力インピーダンス

600Ω±5%以内 平衡 (入力端子:ワニ口クリップ)

絶対最大入力レベル

5dBm

レベル測定範囲

-70dBm ~ -30dBm および、-30dBm OVER、-70dBm UNDER

測定確度

±2dB 以内

測定値表示

LED により以下の区間を表示
● -30dBm OVER
● -40dBm ~ -30dBm
● -50dBm ~ -40dBm
● -60dBm ~ -50dBm
● -70dBm ~ -60dBm
● -70dBm UNDER

スピーカ

電源スイッチをスピーカON位置にて鳴動
(入力信号が-70dBm 未満でミュート)

電源

単3 乾電池×2 本
・ 電池残量警告機能付き
・ 充電池(1.2V 出力タイプ)使用可能

性能保証 温度・湿度

温度:0℃~40℃ 湿度:20%~85% (結露無きこと)

寸法・質量

寸法:H115×W69×D28mm (突起物含まず)
質量:約200g (電池含まず)

※仕様および外観は改良のため予告なく変更されることがあります。