ISDN多回線アナライザ
新製品
TMP-9701

通信設備におけるISDN回線の保守・障害解析を行う測定器です。
BRIとPRIにおいて最大8回線の回線交換手順の解析と音声信号パケットの長期間記録が可能です。

装置分類
デジタル通信用計測器
電源
ACアダプター

BRIまたはPRI回線を最大8回線接続し同時に測定可能です。

8回線を回線毎にBRI/PRIの選択が可能です。

通話録音機能は、最大184chを2か月間以上録音可能です。

(PRI×8回線時)

録音データは、送信/受信をLch./Rch.に分けて記録を行うので、音声信号の詳細な解析に有効活用できます。

測定データは内蔵メモリに保存され、パソコン等で編集可能な形式に変換して使用できます。

パソコンとの接続の為にLANポートを有しており、遠隔からの設定や測定状態の監視の他測定データの収集が可能です。

構成例

ISDN回線アナライザ

主な仕様

主な仕様
項 目 開発、検証 仕様 備 考
測定端子 BRI 形状  :  :RJ-45ジャック (ISO8877準拠)
端子数 :  :2個口/1回線
配線  :  :並列接続中継端子
 
形状  :  :232Dクイックコネクタ(4芯)
端子数 :  :2個口/1回線
配線  :  :BRI測定端子(RJ-45)と並列接続
 
PRI 形状  :  :RJ-48ジャック (ISO10173準拠)
端子数 :  :2個口/1回線
配線  :  :並列接続中継端子
 
解析 レイヤ1 TTC JT-I.430 情報
TTC JT-I.431 情報
 
レイヤ2 TTC JT-Q.921 情報 (LAPD)
TTC JT-X.25  情報 (LAPB)
 
レイヤ3 TTC JT-Q.931 情報 (呼制御)
TTC JT-X.25  情報 (パケット)
 
データ保存 容量 連続保存2ケ月 (呼量6HCSにて)  
内容 Dチャネル  :  Dチャネル上の信号
Bチャネル  :  音声信号、データ(パケット信号)
          音声信号はコンソールPCに保存(転送)に際し音声ファイル(WAV形式)とし、
          上り(TE→NT)を左、下り(NT→TE)を右とステレオで分離した形式となります
 
コンソール端子 LAN 10BASE-T/100BASE-TX (遠隔制御用) 前面
USB1 USB2.0 (エクスポート、マウス接続用およびメンテナンス用) 前面
USB2 USB2.0 (エクスポート、マウス接続用およびメンテナンス用) 前面
USB3 USB2.0 (データ転送用) 背面
クロックモニタ端子 ポート毎に実装 背面
音声モニタ出力端子 ①上り(TE→NT)を600Ω出力
②下り(NT→TE)を600Ω出力
③上り(TE→NT)、下り(NT→TE)を混合して、600Ω出力
④上り(TE→NT)、下り(NT→TE)を混合して、モノラルイヤホンに出力
 MONITER設定ダイアログにて音量調整が可能です。
 
電源 AC100V±10%以内  50/60Hz  消費電流:0.5A以下  
性能保証 温度・湿度 温度:0℃~40℃ 湿度:20%~85% (結露無きこと)  
寸法・質量 寸法:W430×D350×H199mm (突起物含まず)  質量:13 kg以下 (添付品含まず)