OiNET-937
LoRaWANゲートウェイ
開発中
OiNET-937

大井電気製ゲートウェイは、LoRaWAN仕様に準拠し、標準でWAN側インタフェース(イーサネット、4G/LTE)を実装することでインターネットへのアクセスを容易にします。防水・耐候性を考慮したアルミダイキャスト筐体とすることで保護等級IP65に対応し、屋外の柱上、屋根などへの設置も可能です。

装置分類
特定小電力920MHzセンサー
伝送路IF
920MHz
伝送路IF
10BASE-T/100BASE-TX
LTE

LoRa、LoRaWAN仕様に準拠(Class A/B/C、GPS時刻同期、ADR)

最大16チャンネル※1同時受信に対応(200kHz帯域) ※1:将来機能

WAN側I/FとしてEthernet、4G/LTEモジュールを標準搭載(Cat.4対応)

屋外設置が可能な防水・防滴規格に対応(IPX65)

構成例

OiNET-937構成例

主な仕様

項目 仕様 備考
送信電力

125mW(陸上移動局)

LED(筐体外/筐体内)

緑・赤色:動作状態(停止、起動中、正常動中、異常) / 緑色:機能別状態表示

材質/色

アルミダイキャスト / アイボリー

サイズ/重量

幅:250×高さ:190×奥行き:100mm(突起物を含まず) / 3kg(アンテナ含まず)

CPU / メモリ / フラッシュメモリ / OS

600MHz / 512MB / 4GB / LINUX

電源電圧

PoE+(IEEE802.3at)

消費電力

20W(平均)/ 25 W(最大)

外部インタフェース

Ethernet、4G/LTE(Cat.4) ※Cat.1は将来対応

外部アンテナ

LoRa:6dBi、LTE、GPS

使用条件/冷却方法/IP保護等級(防水・防滴)

-20~+50℃、5%~95%(結露、氷結なきこと) / 自然空冷 / IP65

 
準拠規格

ARIB STD-T108 / LoRaWAN V1.0.2 / Semtech ReferenceDesign1.5

使用中心周波数

920.6~923.4MHz(200kHz:15波) / 920.7~923.3MHz(400kHz:13波)

同時受信チャンネル数

8チャンネル / 16チャンネル(※将来機能:RF基盤2枚実装要)

変調方式:通信速度

スペクトラム拡散方式:0.2~10kbps(SF12~SF7)
FSK変調方式    :50/100kbps(帯域幅:200/400kHz)

※仕様および外観は改良のため予告なく変更されることがあります。