WT-920[LoRaWAN]
920MHz帯域用エアテスタ
WT-920[LoRaWAN®]

日本向け特定小電力920MHz帯LoRaWAN®対応のハンディタイプ試験器です。
LoRaWAN®、LoRa®SPN、LoRa®P2Pエンドデバイスとして既設ネットワークへの接続確認試験と本器単体でLoRa®変調による特定区間の伝搬特性の測定が可能です。
ネットワーク構築の事前調査や不具合時の原因究明に威力を発揮します。

装置分類
LoRaWAN®
電源
ACアダプター、単三電池

LoRaWAN®ネットワークの接続試験が可能。【LoRaWAN®デバイスモード】

本器対向でPER(パケットエラーレート)測定が可能。【PER測定モード】

RSSI(受信信号強度)の一覧表示が可能。【簡易スペアナモード】

簡易スペアナモード時のみ、LoRa®変調以外のSIGFOX等にも対応します。

GPSによる位置情報を、RSSI測定結果と共に記録します。

最大容量2GBのメモリカードへデータ保存が可能で、PCでエリアマップを作製したり、チャンネル毎の使用率を確認できます。

構成例

WT-920[LoRaWAN]構成例

主な仕様

項目 仕様 備考
標準規格

ARIB STD-T108に準拠

変調方式

FSK、LoRa® (SF7~SF12)

プロトコル

プライベートLoRa®(独自)、LoRaWAN®

周波数帯

920MHz帯 920.6MHz~925.8MHz(24CH~50CH)

通信書式

IEEE802.15.4g準拠(最大フレーム長:256byte)

位置情報

GPSモジュール内蔵(みちびき対応)

データ保存

MMCカード(容量2GB以下)対応

送信出力

1mW/10mW/20mW

電源

単三乾電池×4本、又は、ACアダプタ

環境条件

0~+40℃/20~85%

防水性能

IPX2(日常防水)

寸法・質量

H:207mm×W:93mm×D:50mm 公差±2mm
550g以下(乾電池、付属品含まず)

※仕様および外観は改良のため予告なく変更されることがあります。