OiNET-950NU82[LoRa®SPN]
バッテリー駆動型LoRa®SPN-ED
新製品
OiNET-950NU82[LoRa®SPN]

OiNET-950NU82は接点入力インタフェースを備えたLoRa®SPNエンドデバイスです。
定周期、または接点変化を契機として接点状態をUplink送信(ClassA) にてネットワークサーバへ伝送が可能です。
バッテリー動作を考慮した非常に低消費電力な設計となっています。

装置分類
LoRa®SPN 標準セット(GW+ED)
接続構成
単体
伝送路IF
920MHz
端末側IF
接点
電源
DC3V

LoRaWAN®仕様に準拠(Class A)

低消費電力設計(送受信時はmA、スリープ時はμAにて動作可能)

プログラミングは不要 (コマンドによる設定のみで動作可能)

IP44の防水・防摘規格に対応し、様々な場所でご使用いただけます

構成例

OiNET-950NU82[LoRaSPN] 構成例

主な仕様

項目 仕様 備考
送信電力

20mW(特定小電力無線)

材質/色

PC+ABS / ベージュ

サイズ/重量

H133×W83×D53mm(突起物を含まず) / 325g(リチウム電池を含む)

電源

バッテリー電源:DC 2.5~+3.3V

消費電流

送信時150mW以下(DC3V入力時)

外部インタフェース

・接点
・リードスイッチ(保守、試験用)
・保守用インタフェース(UART)

アンテナ

3dBi以下、内蔵パターンアンテナ

使用条件/冷却方法

 -10~+60℃、25%~85%(結露、氷結なきこと) / 自然空冷

防水・防塵

IP44対応

※仕様および外観は改良のため予告なく変更されることがあります。