OiNET-938[LoRa®SPN]
センサー用LoRa®SPN-ED
新製品
OiNET-938[LoRa®SPN]

OiNET-938はアナログ入力や接点入出力を備えたLoRa®SPNエンドデバイスです。
ローカルネットワークを構築して、アナログ出力を実装したセンサーからのデータ収集や、接点入出力を実装したセンサーの監視、制御が可能です。
また、バッテリーでの動作を考慮した低消費電力設計となっています。

装置分類
LoRa®SPN 標準セット(GW+ED)
接続構成
単体
伝送路IF
920MHz
端末側IF
アナログ入力,
接点

LoRaWAN®仕様に準拠(Class A/C)

標準アナログ入力4ポート/デジタル入力4ポート(パルスカウント1ポート、接点3ポート)/デジタル出力4ポート

広い電源入力範囲(外部電源:DC+5V~+24V/バッテリー:DC+3V)

プログラミングは不要(コマンドによる設定のみで動作可能)

構成例

OiNET-938[LoRaSPN] 構成例

主な仕様

材質/色 板金 / 黒(レザートーン)
サイズ/重量 標準構成145×104×30mm(突起物を含まず)/ 500g(アンテナを含まず)
電源/消費電力 外部電源 :[1].マイクロUSBタイプB:+5V±5%
      [2].添付コネクタ:DC+5V~DC+24V
バッテリー:[3].専用コネクタ:+3V±5% / 5W以下(待機時:3mW以下「+3V入力時」)
外部インタフェース インタフェース構成 標準構成:[AI:4]+[DI:4・DO:4]
AI(アナログ入力) ①電圧入力:0~5V(ADC出力値:0~16000) ※入力「電圧/電流」および給電「5V/12V」は設定切替
②電流入力:4~20mA(ADC出力値:3187~15936)
DI(デジタル入力) ①ノーマルモード   :Open / Close
②状変モード     :検出無し / 立ち上がりエッジ / 立ち下がりエッジ / 立ち上がり・立ち下がりの両エッジ
③パルスカウンタモード:検出可能パルス幅(100[ms]~2550[ms])※パルスカウンタ積算値を保持
DO(デジタル出力) ①ノーマル  :Open / Close
②ワンショット:Open ⇒ Close → Open / Close → Open ⇒ Close(出力可能時間(100[ms]~25.5[s]))
外部アンテナ ホイップアンテナ:2.15dBi ※標準アンテナ以外を利用する場合はご相談ください。
使用条件/冷却方法 -20~+60℃、20%~90%(結露、氷結なきこと) / 自然空冷


※仕様および外観は改良のため予告なく変更されることがあります。 
※RS-232C、AI、DI、DOのインタフェース拡張、追加が可能です。 
 ex. [AI:4]+[DI:8]+[DO:4]+[RS-232C:1]        
       ※インタフェース構成の変更については別途お申し付けください。