HOME > CSR情報

CSR情報

環境スローガン

大井電気は、「豊かな自然環境の保護・存続を使命とし、技術革新に努め、生産活動を通じて、広く社会に貢献する」を経営理念としています。 そして、「環境に優しい製品で、お客様に安心と信頼を」をスローガンに、下記の環境方針を掲げ、 製品の開発から生産・納品・アフターサービスまでの全ての事業活動において、環境負荷の少ないものになるよう活動を行っています。 活動重点事項として、製品のグリーン化、省エネ、省資源、リサイクル化推進等に努めています。
  環境スローガン

環境方針

私たちは経営理念を実践するため、以下の環境基本方針を遵守する。
 
  1. 環境保護および汚染の予防を考慮した事業活動を展開し、社会へ環境配慮製品とサービスを提供する。
  2. 環境に関わる法規制、自主規制、その他の要求事項を遵守し、環境リスクの低減に努める。
  3. 環境活動の運営状況を常に監視し、環境マネジメントシステムを継続的に改善する。
 
環境方針
【環境活動への取組み概略図】
(図のクリックで拡大表示します)

具体的活動

具体的な活動としては、下記のような事を実施しております。
 
1.環境配慮製品とサービスの提供
  • 環境負荷低減を考慮した製品の開発、設計。
  • 使用する部品に含まれる環境リスク化学物質の種類や含有量を把握し管理。
2.環境に関わる法規制、自主規制、その他の要求事項の遵守。
  • 企業責任として環境に関わる法規制や業界規制事項、顧客グリーン要求の遵守を実施。
3.環境マネジメントシステムの継続的改善
  • 日常の環境活動、内部環境監査、マネジメントレビュー、当社を取り巻く状況の変化の中から、環境マネジメントシステム上の問題課題を抽出し解決。

活動成果

環境活動成果として以下のような事例を御紹介いたします。環境面での効果だけでなく、経費削減など経営的な貢献も大きく出ています。

項目 結果(H22年)
製品のグリーン化
  • 登録機種20件で総登録数55機種。
    (製品アセスメント実施による環境配慮設計=省エネ、省資源、廃棄物削減、有害物質の使用制限など)
省エネ、省資源、廃棄物削減
  • 業務改善、環境配慮設備への更新による省エネ、省資源及び経費削減。
  • 環境配慮包装材の採用及び繰り返し使用。
  • 社内文書、図面、データ、記録のオンライン化。
  • 顧客提出文書・データ・取扱説明書の電子化。
法規制等の遵守
  • 毎月の監視管理により100%遵守
環境教育・啓蒙
  • 環境啓発ポスターの掲示 計25回実施。
  • 夏冬の二回省エネ強化月間として意識啓発活動実施。
  • 環境セミナーの実施。
  • 緊急時訓練の実施による、災害事故時への防備。

ISO14001の認証

大井電気は、当社の経営理念のもと、顧客・社会・時代から求められている環境にやさしい製品、環境負荷低減、 資源使用量削減などの環境管理活動をより確実なものとするために「IS014001」規格の認証を、 1998年11月に開発・設計・生産拠点である岩手県の水沢製作所が取得しております。(登録番号JQA-EM0252)
環境活動組織は、あらゆる側面から環境影響評価を行い、年度目標を掲げ施策手段を計画し活動を行っており、 毎月進捗確認会議を開催し問題点・課題などの審議や意見交換、指示徹底事項の伝達などを行っております。 環境活動組織体制は、図のようになっております。
 
ISO14001の認証
(図のクリックで拡大表示します)

環境リスク化学物質の管理

国内法をはじめ欧州RoHS指令(2002/95/EC)など生態系に有害性のある化学物質に対する規制が強まる中、大井電気は、それらの規制をクリアし、 どの国でも安心して御使用いただける製品造りを目指しております。(RoHS規制、安衛法、オゾン層保護法、水濁法、化審法、PRTR法、 大防法、廃掃法、ダイオキシン法、EC規制、等)
 
具体的には環境リスク化学物質を、JGPSSI(グリーン調達調査共通化協議会)で指定の物質とし、購入部品・材料への含有の有無及びその量を把握し、 それらを管理する「化学物質管理システム」を構築し、全廃または低減に向けた活動を行っております。
 
環境リスク化学物質の管理
(図のクリックで拡大表示します)

最後に

大井電気は、今後更に、地球規模の「持続可能な発展」に向けて企業としての社会的責任を自覚し、環境活動をより充実させるべく活動を展開してまいります。
 

取引先の皆様へ。グリーン調達への御願い