HOME > 会社情報 > 沿革

歩み

情報通信というフィールドで

-大井電気の歴史は、技術革新の変遷です-

1950年代 1949.11 第1号機CP-2型通信線搬送電話装置を警察庁に納入。
 

 CP-2型

CP-2型
通信線搬送電話装置
1950.1 資本金50万で大井電気株式会社を創立。  
1950.6 搬送式指令電話装置を開発。  
1951.4 音声電信装置が当社の第1号特許となる。
 
 
1952.8 電力線搬送電話装置を開発。搬送装置事業
 
 
1960年代 1960.1 東海道本線の列車無線装置を開発。  
1963.4 日本で初のポケットベルを開発。  
1964.3 「アレフゼロ」卓上計算機第16回神奈川県発明展覧会へ出展、横浜市長賞を受賞。
「アレフゼロ」卓上計算機
重要科学技術史
第00059号
「アレフゼロ」卓上計算機
1970年代 1970.7 内線電話交換機にポケットベル呼出機能を搭載したベルダイヤル装置を開発、関連特許を取得。ポケベル事業
ポケットベル
ポケットベル
1970.10 新型情報伝送装置(CDT)を開発。
ポケットベル

データ集配信装置
 [電気学会賞受賞]

 
1975.6 マイクロコンピュータ(OEC-08)を利用した情報伝送処理システムを開発。  
1977.9 データ集配信装置(DX)を開発。
 
 
1980年代 1980.7 ダム管理装置を開発。  
1986.1 マルチメディア多重化装置を開発。多重化装置事業
1987.8 NCC各テレメッセージ会社に公衆用ポケットベルを納入開始。
1990年代 1990.3 光画像伝送装置を開発。  
1991.12 光通信用測定器を開発。  
1993.1 NCC向けデジタル通信装置を開発。
LD-CELP音声圧縮方法を採用した
マルチメディア多重化装置(ODN-940)を開発。
 
 
1994.3 カナ自由文表示ポケットベル(自由人)を各テレメッセージ会社に販売開始。  
1995.8 日本証券業協会に株式を店頭登録。  
1995.9 通信機器最大の展示会4年に1度のテレコム’95(at.スイス)に参加。  
1996.2 日本統一標準方式ポケットベルFLEX-TD開発。  
1996.7 品質管理・品質保証に関する国際規格であるISO9001を取得。
(登録番号JQA-1340 適用範囲:水沢製作所)
 
1998.11 環境管理に関する国際規格であるISO14001を取得。
(登録番号JQA-EM0252 適用範囲:水沢製作所)
 
2000年代 2000.9 ループ型セル多重装置CELL-MUX IP機器事業
(ODN-150/151)を開発。
 
2001.3 インターネット電話アダプタ「らんらんコール」を開発。
インターネット電話
インターネット電話
「らんらんコール」
2002.3 波長多重伝送装置(WDM)を開発。 光伝送WDM事業  
2002.7 PHSリンクアダプタ(OiNET-778)を開発。  
PHSリンクアダプタ
PHSリンクアダプタ
2002.9 ISO9001認証範囲を拡大。
(本社、水沢製作所、仙台研究センター)
 
2002.11 IP複合多重装置(ODN-531)を開発。  
2003.4 受信感度アナライザ(RSV-101)を開発。  
2004.1 SKIP9 認証BOXサーバーを開発。  
2005.3 150M光複合型多重端局装置HYB-MUX
(ODN-533/534/535)を開発。
小容量複合多重化装置
小容量複合多重化装置
2008.3 検針端局装置を開発。検針事業  
2009.5 波長多重化装置(WDM)を開発。
波長多重伝送装置(WDM)
波長多重伝送装置(WDM)
2010年代 2010.3 小容量複合多重化装置を開発。